糖尿病 1型

糖尿病の1型と2型に違いについて

糖尿病には1型と2型の2つの種類があります。それぞれ原因も異なっていて、その治療の仕方にも違いがあります。まずは1型について説明していきます。

1型の糖尿病は体内でインスリンを全く、もしくはほとんど作れなくなる病気です。インスリンはブトウ糖を吸収するために必要なホルモンで、それが常に足りない状態が原因で糖尿病としての症状がでてしまいます。

この1型の治療には血糖値を上げない努力(食事や運動)はもちろんですが、何よりもインスリンの量を確保する必要があります。毎日注射によりインスリンを増やしてやることで毛当地をコントロールしていく必要があります。

この1型の糖尿病にかかっている人は、糖尿病患者全体の5%ほどと言われていて、ウィルスなどにより発症してしまうようです。次に2型についてご説明します。

2型の糖尿病も1型と同じでインスリンの分泌量が少なっていたり、十分な量が分泌されていてもインスリン自体のブドウ糖を吸収させる力が弱まっているとが原因で糖尿病になってしまいます。

不規則な生活習慣やお酒の飲み過ぎ、偏った食生活に運動不足などが積み重なり30代後半から40代にかけて多くの方がなってしまう病気です。そして1型と違いじわじわと進行していくので、発見が遅れてしまうことも多い病気です。

発見が遅れると高血糖により全身の血管が傷んだり詰まったりしてしまい様々な合併症を引き起こしてしまいます。1度かかってしまうと完治することができない病気と言われていて、血糖値を下げるための治療が毎日続けられます。

ただここで2型の場合、正しい治療法で治療すればれば病気を改善することは可能です。上がってしまった血糖値を規則正しい生活と血糖値があがりにくい食事をとることで改善することができますl

もしあなたが2型の糖尿病であるとしたら、病気を治す可能性はまだ十分にあります。毎日の運動や薬を苦しく感じている方はぜひ当サイトでも紹介している糖尿病の改善法をぜひためしてみてください。

早期に糖尿病を改善していきましょう

糖尿病の薬が持つ危険な副作用

糖尿病になり病院での治療始めると薬を毎日飲むことになります。その効果は食後に上がってしまう血糖値を上がり過ぎないように抑える効果のある薬と、ブドウ糖を吸収するために必要なインスリンの注射です。

血糖値があがってしまうと糖尿病の症状である倦怠感や目にかすみなどがヒドくなってしまうので、この薬はかなり重要な治療の1つです。ただ薬には糖尿病を改善させる効果はないので、その点には注意が必要です。

そしてこの薬が持つ血糖値を抑える効果は、時として危険な副作用が出てしまうことがあります。それは低血糖症という血糖値が下がりすぎていることで悪影響が出てしまう病気です。

めまいや吐き気から始まり、症状がひどくなれば昏睡状態になってしまう恐れもある病気です。これだけの危険性を持つ薬を日常的に飲み続けることが病院による治療では行われているわけです。

この薬による効果を、薬に頼らずに食事により同等の効果を得る方法があります。病院での食事への指導とは違い栄養学に基づいて考えられた食事療法なので、糖尿病自体を改善させることも可能な治療法です。

そしてこの治療法は難しい方法ではないのでどんな方にでも始められます。本当に健康な体を目指しているのなら、迷うことなく当サイトで紹介する食事療法を選ぶはずだと思います。

興味のある方は下記に詳細がございます。よく読んであなたの糖尿病治療に役立ててください。あなたの健康な生活のお力になれば幸いに思います。

薬に頼らない糖尿病治療法